改善を図ってまわる

樽型スピーカー【ONKYO Radian 音樽】の改善はβ段階に移り、この前の5cmフルレンジユニットを取付けることにしました。

まず開口部にあてがう専用リングを作成する必要があります。缶詰に入っている輪切りのパイナップルくらいのサイズで、スピーカーユニットをセットするための内径が53mm、外径は100mmで良いという物。

最初100均で3mm厚のMDF材を調達し、カッターやノコギリで切って自分でリングを作ってみたのですが、綺麗な円に切れずギザギザで見た目がダメでした。

とりあえず音出しして聴いてみると、相変わらずロー・ファイBGM向きながら前回の10cmユニットでのよく言えば落ち着いた、高域が物足りない感じの音に比べ、予感していた通りのはきはき明るい「女性ボーカルには最適♡(当社比;;)」な音が出ました。

それでこういう時の助けはと頭に浮かんで訪問したのは元マスターの工作室。作業を丸投げして自在錐で加工してリングを作ってもらいました。

工作してみるも  依頼した結果

その後部屋の方へ移動してみると、新しい仲間がまた増えていました。

1つは1/3サイズのALTEC A7。そして……。

A7 mini が加わりました  新しい家族もw

 

先月ぎっくり腰になった原因を自分なりに分析してみた結果、原因は運動不足と判断し、生活習慣の改善を図ることにしました。方法としてはプールで水泳、ウォーキング、自転車をこぐなどの候補が挙がった中で一番現実的で普段にできそうな自転車による運動を増やすことにし、さっそく休日の市内移動を極力自転車ですることにしました。

それで街中を自転車で走っては、買い物や美術鑑賞に出かけることに。

先日は市内堀之内の愛媛県立美術館に寄って、江戸時代の日本画家:伊藤若冲の絵画が展示されているという「京都・細見美術館名品展」を見てきました。

若冲の精密な絵画や力感あふれる鶏の絵もさることながら、Kuni的に一番惹かれたのは酒井抱一の【桜に小禽図】や扇をちりばめた襖絵などでした。洋画で言うとアンリ・マティスのような楽しい絵に感じられて。絵葉書を3枚お土産に。

自転車で美術館へ

先週末は自転車移動中に見かけたバラ園をウォーキングを兼ねて訪ねました。天気も良くてまさにベスト・シーズン!朝早く訪問した相原バラ園(中を見せてもらえるのは6月4日までだそう)はまだ開園前の消毒中だったので、道路端から写真を数枚だけ撮影して帰ろうかと思ったのですが……。

白薔薇とか  薔薇のアーチとか

せっかくこれだけ綺麗に咲き誇っている薔薇たちを一度に見られる機会は滅多にないと、動画に収録してはと思いつきました。連れがいるのでじっくり撮影する時間もなく、歩きながら。

後で再生してみると盛大な手ブレの上、移動が早く見ていて船酔いしそうでした。それで動画のスピードを0.5倍にしてみると、今度は再生時間が長くなりすぎます。結局0.75倍速に加工して、ついでにBGMも加えてみたのが下の動画です。

お時間があれば Part 2/3、そして Part 3/3 もどうぞよろしく。

 


カテゴリー: スピーカー, メディアレビュー | コメントする

治りかけ、直しかけ(後半)

更新をと思いつつ、GWを挟んで一週間ほど経ってしまいました。子供の日に瀬戸内海沿いを運転して移動した際は天気が良くて思わず景色を撮影したりとかして。

双海町から青島などを望む

 

オーディオの方はあまり進展はなく、先日の樽型スピーカー【ONKYO Radian 音樽】の改善に着手したくらいです。あの5cmユニットにとりかかる前にボイド管スピーカーのユニットと交換してみることにしました。左右のユニットをカバーしている金属製グリルをマイナスドライバーを使用して無理やり外して。

金属製グリルを無理やりに外して

「グリルがぐにゃぐにゃだぁ(タラー;;)」とボヤキながら……。

ユニットは8cmから10cmにサイズアップながら、無事納まりました。

左のユニットから右のへ  とりあえず交換!

音は、元の高域中心に耳につくものから中域へシフトして、落ち着いた、BGM的にきくには問題のないレベルになりました。

でもそこはマニアの底辺、端くれで、続けて聴いていると高域成分が足りないかなとか、いやな響きが乗っている感じとかが気になってきて。下にメラミンスポンジを敷いて対策してみるも床とは分離されるもののまだ万全とは行かない、などとまた色々と改善したくなっています。

 

さて、少し前また仮Yaさん邸を訪問してきました。DIY修理していたあるものがほぼ出来上がったとのことで。

スピーカー群の中からまず専用スタンドに固定してある10cm 2wayのコンコルドにパワーを入れて鳴らします。

最初ツイーターの音がきついかなという印象でしたが、少しすると耳が慣れたのか迫力あるサウンドが心地よくなってきました。仮Yaさんによると、ヴィジュアルソフトの音を出す用途にやはり向いているとのことでした。

今回の主目的はというと……。

今回のスピーカー群ww 訪問の目的はこれ

調整修理に徹夜続きで取り組んでいたプレーヤー:ガラード 401 がやっと動くようになった由で、それを聴かせてもらいました。ターンテーブルの回転がスムーズになり、ゴロゴロとか全く聞こえない安定した動きです。

まず Holy Cole Trio / Don’t Smoke in Bed のアナログレコードをオルトフォンと SHURE V15 TypeII で聴き比べ。タイプ2のカマボコな音が好みでした。引き続き、

ローラー類とかオイルとかDIYで 掛けたレコード1
掛けたレコード2 掛けたレコード3

最後に動画もアップしておきます。頭の30秒ほど無音なのに削除していないのは、いかに静かに回転するかを視聴してもらう目的でです。

まだこれで完成形ではなく、次の工作を予定しているそうです。

 


カテゴリー: オフ会, スピーカー | コメントする

治りかけ、直しかけ(前半)

毎年恒例5月1日のメイフラワー。今年は玄関前の白い花が特に見事なので撮影しました。朝小学生が、「マーガレットだ!」と言いながら登校して行きます。後ろの自転車が見えなくなるほど大きくなりました。

成長著しいマーガレット

 

前回記事にしたミニバイクは中古なので2,3気になる箇所があり、自前でできそうなところはネットで部品を取り寄せて交換しました。

ネジ3本外して  カバーを開けて

まず、セルでエンジンのかかりが良くないのでバッテリーを取り寄せてDIY交換してみました。前のホンダのはシートを開けた下の後部にあったのですが、今度のは座席下の前カバー中心部とシートの取付け部分にあるネジを外しての交換になります。

バッテリーを交換し  ネジを締めたら完了!

やってみると簡単でした。

ついでにもう1ヶ所気になったシートの破れている分も交換してみることに。これもネットで安い社外品を見つけて丸ごと交換。

届いたシートに金具類も付属していたのですが、取付けてみると精度が良くないのか受け部とずれて嵌まりにくいものでした。それで金具は元々のものを再利用したら正常に機能しました。

 

その頃までは体調も良好だったのですが、ある日仕事のため前かがみで革靴を履こうとしていたら、突然全身に激痛が襲いました。何年ぶりかのぎっくり腰発症です。立ち仕事メインなので軽く済めばと思っていたのですが、PC入力の処理で1時間ほど椅子に座って仕事して立ち上がろうとしたら前かがみのままでないと立てず、腰が痛くなり始めました。

それから3日ほどは家ではほとんど寝たきりに。腰と肩にバンテリンを貼ってじっとしてました。症状はだいぶ改善しましたが、今も腰には湿布薬を貼ったままです。前の仕事場は自転車で片道20数分の距離で体を使う作業もあり両方で運動ができていたのが、4月からは通勤も自転車で10分で仕事はほとんど立っているか座っているだけになったので運動不足が原因かと。

徒歩通勤を増やし何か運動を始めなければと思います。腰が治ったら。

その間もオーディオ熱だけは止まず、また変な物に手を伸ばしてしまいました。これ、スピーカーなんです。見つけたときは、「波動スピーカーの原形?ww」と思いました。樽型の胴体両側にスピーカーユニットが取付けられているのは前に手に入れて嫁に出したマクセルのタイムドメインSPにも似てます。

近所で変なSPを発見! 【ONKYO Radian 音樽】も弄る予定w

【ONKYO Radian 音樽】といい、ミニコンポの購入記念品としてプレゼントされていた物のようです。試しに鳴らしてみると音はそれなりといった程度で、まともに使うには8cmのユニット交換が必須と思いました。

それで最近使っていないボイド管スピーカーのユニットを取り外して付けようかと思ったのですが、ある人のアドバイスで某5cmユニットを使ってみることを思いつきました。そうしたら昨日のことたまたまエクスクルーシヴさんが箱のまま使用していないで持っているという話になり、さっそく譲っていただけました。

あとは開口部とサイズを合わせるための木製リングをどうするかです。ついでにうちのサブウーファーと同様の構造にしてみたいなどとも空想中www


カテゴリー: スピーカー, DIY | 4件のコメント

ミニバイクを更新

やっと暖かくなってきましたね。昨日市内を移動中に春爛漫という写真を撮りました。

道すがらここにも桜西石井

普段移動手段がほとんど自転車か車なので、バスを乗り継いだり、徒歩で移動したのはいつ以来か覚えていないくらいです。バスの座席で目の前に若い女性が立って、視線の高さがお腹位置になり何となく妊婦さんに見えて「座りますか?」と声をかけたところ、失礼にならず代われたのは良かったです。後ろに小さな男の子も連れていたので横の方まで席を立って親子に譲っていました。

 

公共交通機関で移動した訳は普段うちの奥さんが通勤に使っているミニバイクが一昨昨日の夕方故障して押して帰ってきた関係です。

そのバイクはもう十数年も乗った2ストロークの古~いホンダTactで、最近の4ストロークの車種に比べて重いもののパワーと安定感があったのですが、さすがにもう換えたほうが良いだろうと判断しました。

それで中古の物を探すことにし、まともな物は諸費用込みで10万足らずくらい、古めのでもその半分ちょいはかかるかと覚悟していたところ、試しにヤフオクの松山市限定の出品を見てみたらそれより安い出物があったので思わず即決してしまいました。

職場のバイク乗りの同僚にその話をしたら、画面だけで状態も不明なのに「チャレンジャーだ」と言われてw

翌日の午後取引相手を訪問して精算を済ませてキーとその分の廃車証明書を受け取って、その足で市役所へ。前のバイクから外したナンバープレート、自賠責保険証、と印鑑を持参しての廃車処理と新バイクの登録手続きはすぐ済むと思っていたら、今年度から登録書類に前所有者の直筆署名・捺印が必要になったと言われたのには焦りました。当日のことにはならないかと。

幸いその場で取引相手に連絡を取って市職員と電話を替わってもらい、後日その人が窓口に行くことで話がついて無事登録ができました。費用は無料。

そして昨日自賠責保険証の書き換えを午前中にした後、ヘルメットと保険証を持って市内をバス移動して再度取引相手宅を訪問、無事に更新したミニバイクヤマハVinoに乗って帰ってきました。今回のも古いタイプなので2ストロークだったのですが、パワーがある分乗り換えて違和感が少なくて済んだと思います。相変わらずエンジンオイルは必要なものの。

ご対面でパチリ!  ナンバー取付け完了

 


カテゴリー: Misc | コメントする

エクスクルーシヴ邸を訪ねて

エクスクルーシヴさんから「お越しください」と呼ばれたので、昨日さっそく現地を訪問してきました。記憶が定かではないのですが、今年初めてかと。

見慣れないものが否応なく目に飛び込んできます。

「終着点」だという物  掛布団サイズのネットを外すと

まずは、高さ180cmにも達する巨大スピーカー・ボックス。ドアか掛布団かという大きさのサランネットを外すと、46cmウーファーがダブルで収められています。普通の家庭ならタンスにしても大きすぎるビッグサイズですが、こちらでは感覚が麻痺してその存在をすぐ意識しなくなる???

大きさは違いますが、ベルウッドランシング社のスピーカー・システムを思い出させる佇まいでした。

 

今回の主目的である「KKVPI」こと合体レコードクリーナーはというと、反省室兼お清め部屋の一角に設置してありました。用を足しに着座してふと見ると……。

『手水鉢』の向こうに

レコードを各種8枚ほど持参していたのでその中の1枚 WHEN FARMER MET GRYCE を実際に洗浄してもらったのですが、その模様を写真か動画に撮影するのを忘れていました。OYAG液を盤にかけてKuniラボ式ブラシで洗浄し、VPIの機能で液体を吸い取るという構成です。

 

木製トーンアームの方の「終着点」(調整中)

仕上がると主が2階のコーナーに運び、新改良のアームを用いたプレーヤー・システムでいい感じで再生してくれました。その後、2枚目の TOMMY FLANAGAN, JOHN COLTRANE, KENNY BURRELL/THE CATS などを聴きながら、目をつぶって今後のKuniラボ式レコードクリーナーの構想を練ります。

動画も撮影してきました。例によって手ブレ満載なのはお許しください。

各方面で絶賛されているアンプとスピーカーの最新版セッティングによる再生は低音が締まり、定位感もピタッと決まってまさに浄化されたクリア、クリーンなサウンドになっていました。主が1階と2階を往復しながら次から次へと盤をとっかえひっかえ再生してくれたのは、その自信の表れだったのでしょう。


カテゴリー: オフ会, オーディオ | 4件のコメント

3月の宿題を(後半)

この前の記事で触れたNIKIさんがオーディオラックの下に敷いて効果的だったというメラミンスポンジ。大きいサイズの【劇落ちMAX】5個セットを取り寄せた分が前回のアダプターとほぼ同時に届きました。こちらの方もこの火曜日以降にいくつかセットしてみました。但し、体調が完全には戻っていないので重いラックの下はまだ手を付けていません。

第2弾として書かれた「出水電器 CT-0.1 その4 (メラミンスポンジを下に敷いてみた)」という記事を参考に、NIKIさんから「15㎜ぐらいの柔らかいパイン材あたりを挟んで」とアドバイスももらってホームセンターで追加材料を調達してきました。

買ったのは Wパイン15x300x600とWパイン15x300x6尺(1800) の板2枚。600の方は30㎝x58㎝に2㎝だけ短くカットしてもらい、もう一方の長尺のは、まず30㎝x58㎝にカット。この2枚は後日アナログプレーヤー等を載せているラックの下に使用する予定。

次に30㎝x34㎝にカットして、この分はサブウーファーの下に使います。下は使用前、使用後の様子です。

元は大きめのウッドブロックをSWの下に  高さ調節で下に石板なども
 

あとはスピーカー2本用の22㎝x25㎝(ほかのSPでも使えるように余裕を持たせて)と、USBハードディスクとAVのセンタースピーカー用12㎝x18㎝を2枚づつ。

適当に仮置き中でお見苦しいのですが

 

最後に余った20㎝x30㎝は外付DVD-Rとかで使おうと思います。現状はノートパソコンの下に置いてあります。

 

ネットでメラミンスポンジをオーディオ用に使用している例を探したところ、アナログプレーヤーのゴム足の下にセットしてハウリング防止に使用しているのやバスレフ穴をふさいだり、スピーカーボックスの内部に吸音材として使っているのを散見しました。

うちでオーディオラック用以外に、回転系機材の下やスピーカーの下でインシュレーターとして使おうとしたのはあながち的外れではなかったようです。

そういえば、数年前スピーカーにIsoAcousticsのスタンドを使うか検討した際に、MoPADというのにも興味を持ったのを思い出しました。硬さとか違うかもしれませんが同じ方向性を感じます。

オーディオラック下へのセットを含めてまだ進行中の段階ですが、サウンド面で静粛性と情報量のアップ、土台との隔離により低音等の不要な響きをなくす効果は確かに実感できています。


カテゴリー: オーディオ, スピーカー, DIY | コメントする

3月の宿題を(前半)

先日のライブ参加後も公私に忙しい日々を送ってやっと一段落着いたと安堵したら、気が抜けたせいか珍しく風邪をひいてしまいました。おかげで先週末は家で寝たきり状態に。昨日やっと体調が戻るとともに3月の個人的な宿題を解決しなければとまた走り始めました。

 

1つはアンドロイドの画面を自室の液晶モニターで拡大表示する件です。昨年末アンドロイドPCで導入でリビングのテレビでは上手くいったのですが、同じように2階のKuniラボでも表示できないか検討していました。

まず、Remix OS(Android OS)というものを少し前の使っていないPC(VISTA・CoreDuo2以降くらい)にインストールして、それと手持ちの27インチ液晶とを繋いで表示させてみようとしましたが、転がっていたのはXP時代のノートパソコンとかで動画再生に難がありそうで断念。

ならデスクトップで邪魔にならないサイズのMini PCで適当なのはないかと探したり、あげくに本体にキーボードを加えるならいっそキーボードとパソコンが一体化したコンパクトなものがあれば邪魔にならないと思ったら実際にあったと知るも、メモリーとか特にストレージの容量が希望に合わず止めておいたり。2月にほぼ希望の性能を満たす新型が発売されたものの、キーボードがデカくなって美意識に合わないのでスルー。

我儘ばかり言っててもダメなので現実路線に戻って、手持ちのアンドロイドスマホ&タブレットを有線でHDMIケーブル経由液晶モニターに表示する方法の検討を始めたのが2月末で、MHLケーブルで簡単にできるかと繋いでみたらあえなく失敗。Nexus5、NECのタブレットとも対応不可との結果。3月に入ってNexus5対応のSlimPortアダプターというのをアマゾンに発注して解決を図りました。1回届いて使えなくても返品交換すれば当たりにはなるだろうくらいの気持ちで。

 

SlimPort & DisplayLink

それが中旬を迎えてもなかなか(中国から?)届かないまま、ある日pastel_pianoさんのブログ記事に目を通していたら、うちにも少し前の製品があるUSBディスプレイアダプタの話題があり、最新ドライバーは「Mac OSやAndroid、ChromeOSにUbuntu用まであります」との記述が。これはラッキーかも!とすぐ飛びつきました。

さっそくDisplayLinkのアンドロイド用ドライバーアプリを2台に入れて、手持ちのBUFFALO GX-HDMI/U2という機種を接続してみると無事表示できました。動画の方はカクカクした表示になってしまうものの、スマホ・タブレットでないと読めない電子雑誌閲覧アプリの楽天マガジンを読むには問題なし。

あとはSlimPortアダプターの到着を待って比較検討するのみと待ち続けるも、届いたのは先日のライブの後でした。ちょうど忙しくなって動作確認をする暇もなく、そうこうしているうちに体調は崩すしで昨日やっとその2種類を比較してみることができました。

コンデジでモニター表示を撮影したYouTubeの映像では判りにくいかもしれませんが、DisplayLink(1分11秒まで)に比べるとSlimPort(以後最後まで)の方が目で見てスムーズな動画再生です。音声の方はモニター付属のアレなものなので気にしないでください(笑)

 

次回、後半へ続く。


カテゴリー: ガジェット色々 | コメントする

号外版

徳島の方で今は東京で活躍されているNIKIさんのブログを通じて知った愛媛県宇和島市吉田町の饅頭屋の娘ことw、ジャズ・ボーカリストの情家みえさんのライブが当地で予定されていると知ったのは先月半ばのことでした。

会場のシャンソニエ【ラ・メール】に連絡を取ろうと電話番号を調べて数回電話したのですが応答がなく、知りえたことはその店が地元のシャンソン歌手河野ゆきさんの店であることと住所だけでした。

当日仕事が休みで行けるかなあと思いながら、私用もありもう無理かと諦めかけていたところ、その用事が予定より早く終わってその足で午後店を訪ねてみることにしました。

するとちょうど昼の部のライブが終了して人が出てきているところで、中に情家さんの姿が見えました。

最後のチャンスと河野さん、情家さんと男性の方(赤松クニユキさんでした!)に声をかけ、やっと話が通じたこと、ライブにぜひ参加したいことを伝えたところ、席がない中2人分取ってもらえることになりました。無理を言って申し訳なかったながら……。

事前にライブがあると話をしてあったumekichiさんに電話したのですが当日急にだったので都合が悪く、思いついてジャズの先輩ことYさんにお願いしたところ快諾してもらえて一緒に行くことになりました。聞くと昨年末のジャズライブにも行っていて、彼女が一番良かったそうで。

 

思わぬ良い席で開演を待つ

店に着いてみると中は超満員で、何とマイク脇の壁際で至近距離の椅子2つだけ開いており、「どうぞ、どうぞ」と前に案内されてかぶりつき席に座らせてもらえました。目の前で情家みえさんのパフォーマンスが楽しめる特等席に!!

バッキングは地元の名プレーヤー吉岡英雄さん(Bs)と渡部由紀さん(Pf)のベテラン2人。安心して聴けます。吉岡さんの楽譜台には手が届く距離。渡部さんの演奏するピアノは壁に向かって置いてあるので熱いプレーぶりが見られず残念でしたが。

聞けば吉岡さんはいっとき喉の大病を患っていた後復帰したそうで、歌うベーシスト(笑)として活動することはできない身だそうです。

昨年末のジャズ☆ライブに行けなかったので今回やっと情家さんの生歌が聴けます。開演前のビールが効いたのかスタート時から歌に酔えましたww セットリストは以下です。酔ってなので記憶に抜け・順不同等あるかもしれません。Cheek To Cheek なども歌っていたような?

   You’d Be So Nice To Come Home To
   Save The Last Dance For Me
   It Don’t Mean A Thing
   Boy From Ipanema
   Fly Me To The Moon
   My Favorite Things
   風鈴
   All Right, O. K. You Win

熱唱中♪ アットホームな雰囲気で

情家さんと同郷のガソリンスタンドの息子こと赤松クニユキさんのアコースティックギター伴奏できけた「風鈴」もサウダーデを感じさせる歌唱と演奏で最高でした。
最後にその一部をアップしておきます。


カテゴリー: メディアレビュー | コメントする

春よ来い♪

まだまだ寒い感じですね。そんな中でも季節は進んでいて、うちの玄関先では名も知らぬ花が満開に。またお向かいにはモクレンの花も咲いています。

疾く来い―この花のように

植えた覚えもないのに伸びてきたこの蔓状の植物(ヤマフジの一種かも)は小鳥が種を運んできたのでしょうか?Kuniラボで花咲かせたい種(ネタ)たちは成長が遅く最近は中途半端なものばかり。

 

先月来のエレクトリックコンデンサマイクロホンを使用したスピーカーの周波数特性データ取り。「スピーカーの周波数特性を測ってみよう」、「自作スピーカーの測定」等各所を参考に試みるも古いマイクとオーディオIFの組み合わせやセッティングが上手く行かず嵌ってます。

各種お試しするも  ハイレゾ用スピーカー

ご覧の通り、上からSONYのワンポイント・ステレオマイク F-99A 、ナショナルのエレクトリックコンデンサマイク WM-660 、そして自作エノキダケマイクなど手持ちの各種を使っては悪戦苦闘。

右のはこの前手に入れたパイオニアのブックシェルフ型スピーカー S-101 Custom で例によって釈迦釈迦系 (笑) のサウンド再生なのですが、(慣れると)ハイレゾ音源の再生にはピッタリなのです。ユニットを後部で留めている構造はタイムドメイン方式を彷彿させますねw

スピーカーの下の白い物はNIKIさんの「ラックの下に敷いたもの」というブログ記事で紹介されていたメラミンスポンジで只今検証中です。回転系の機器の下などに効果が期待できるようで、現にパソコンに繋いでいる外付ハードディスクの振動音を消すのによく効きました。目下オーディオラックの下に敷く大き目の物を手配中です。

他にも手配している種(ネタ)があるのですが、その分はもう少し寝かせてからまた書きます。

 


カテゴリー: Misc, オーディオ, スピーカー | コメントする

ギャラリー再訪

昨年10月に訪問した後、常連の趣味人たちによって小品のディスプレーが増えたほか、オーディオ面でも充実したと風の噂に聞いた【サイクルギャラリー】(細工るギャラリー?)ことS-BOXに寄ってきました。

ドアを開けるとダイアナ・クラールの演奏が耳に入り、特に低域の音が充実している印象です。

追加された機器たち ボイド管スピーカーがw

趣味人寄贈のDVDプレーヤーやスピーカーに店主がDAC内蔵デジタルアンプ D302J+ を加えてのこの音!(うちじゃ釈迦釈迦対策に苦労したのにブツブツ……ry) アンプがいいのか、スピーカーの出来か、床が堅いセメントで響くのかどれの効果かと。

持ち込んだCD3枚― MIE JOKÉ sings BALLADS and other love songs, 森川七月/P-Rhythm, Jazz at the Pawnshop ―を掛けてもらっているとアート関係の方が入って来られ、しばらくして話はなぜかパソコン、ソフトウェア談義に。

このイラストはもしかして 「BOWの自動車博物館」など

置いてある中で気になったのは左の写真のもので、店主に確認はしていないのですがもしかしたらKuniが好きなイラストレーターBOWの作品ではないかと。もしそうならと家の本棚から抜き出したのが右の写真のイラスト集などです。他にもNEKOパブリッシングのアルファロメオやポルシェのムックがあったはずですが……。

 

次の予定があるのでそろそろとギャラリーを出て無意識に車に乗り込もうとすると、間違えてこんなのにww

超なつかしい!! スバル360

うちの父が乗っていた最初のマイカー、スバル360ではないですか。この小さな車で家族5人(父・母・3兄弟)で瀬戸内海を渡って岡山県まで片道1日がかりで長距離ドライブをした記憶が蘇ります。昭和37,8年頃撮影したと思われる父との写真があったので一緒に載せておきます。

 

あっ、そうそう、「次回」にエレクトリックコンデンサマイクロホンの使用記を書くとしていた件は、ノートPCのハード的エラーが発生した等でペンディング(保留)中ということで、また今度になります。なるべく早くに(汗)


カテゴリー: オーディオ, メディアレビュー | コメントする