大雨、そして夏

先日は西日本一帯を豪雨が襲い、愛媛県でも南予地域を中心に各地で大きな人的・物的被害が出ました。被災された方々は今なお大変なことと思います。

うちの親戚の者も自宅は無事だったのですが、肱川の氾濫で勤め先が平屋の屋根を超えて水没してしまい、片付けと今後の対応に追われています。昨日は休みだったので個人的に食料品、飲料などを届けに車で行ってきました。

川は泥水のまま、道路のガードレールも路面も汚れたままで、何とか無事だった橋を渡ると土埃を上げながら現場に到着。

事務所の中はすでに片付いており空っぽ状態。事務用品、道具類が外に積み上げられています。

持参した弁当、パンを渡し、お茶とスポーツ飲料のペットボトルを氷と共にクーラーボックスに入れました。

臨時の給水所がすぐ近くにできていたので水の心配はありません。

給水所が近くて幸い

猫の手を貸すこともあまりできないながら、3時間ほど再利用できそうなものを少量の水で洗ったりタオルで拭いたりとお手伝いをして帰ってきました。

 

そして、日焼けの熱と節々の痛みを多少感じつつ目覚めた今朝は日常生活に戻って音楽鑑賞など。今年の夏も当分リビングで避暑生活モードなので大画面液晶周りのオーディオでの再生です。

昨日帰途に立ち寄ったショップで手に入れたCD3枚の中から The amazing BURT BACHARACH というタイトルのイタリアのビッグバンドのを掛けてみようとして、ついでに他のものと聴き比べを思い立ちました。曲はおなじみ “(They Long To Be) Close To You” で。ちなみに他の2枚は、Eliane Elias / Dreamer と Toots Thielemans / CHEZ TOOTS です。

まずはオリジナルのカーペンターズから。リチャードのピアノとカレンのプレーンなドラムスが印象的。耳に心地良い演奏と歌声ですね。

後はランダムに。声質がカレンに似ているという森川七月(なつき)は同曲を軽快なギター演奏とともにノリノリで飛ばします。

比べると paris match のはサックスも入ってスピーディーな展開の中に落着きも感じられ、高速の車内とかにピッタリな感じ。

アクアなイメージで nona が歌うバージョンはベースが基調。しっとりとしたムードです。

次は noon を。暖かな空気感。スローにフルートも挟んでサウダージを感じさせます。

Susan Wong のはバイオリンで。独特の軽いノリで歌います。

さて、イタリア版はビッグバンド+ピアノに Silvia Testoni がボーカルで。明るく伸び伸びと歌唱。

また3枚増えてしまった;;

それぞれ個性的で充実した時間を過ごせました。


カテゴリー: Misc, メディアレビュー | コメントする

大阪で一日を その2

前回の続きです。
千里中央駅に戻って時計を確認すると、14時半をまわっていました。

その後は阪神沿線在住の友人と地下鉄難波駅の改札口で合流する予定で、余裕をもってと時間は15:15に決めてあったのです。多少遅れるとメールすると「承知」と返事が。

友人に夕食の予約を17:30でと頼んでいたので周辺観光の時間は実質2時間。改札を出て友人を見つけると慌ただしくスタートです。

 

友人はオーディオオタクではないので遠慮しつつ、日本橋(にっぽんばし)の電気街を見てみたいと提案。

まず大阪版「合羽橋」というべき細道商店街の道具屋筋を抜けて、と思ったらそこが面白くて色々店舗巡りを。また時間が押してしまいます。

東の秋葉原同様に日本橋も昔日のベテランの店主が狭い店に積み上げられたパーツや道具類の中から物を選んでくれるような雰囲気ではなくなっているようで、表通りを一歩入ると所謂オタロードという感じ。積み上げられているのはアニメグッズとかで、「いらっしゃいませ、ご主人さま」と若い娘さんから声を掛けられるような……。そちらに惹かれつつも街をウロウロ。

大阪へ行って時間があれば有名な逸品館の他、オーディオ南海、ブンジンホールなどでゆっくりしてみたいと夢想していたのですが、シマムセンの前あたり・逸品館まであと3分というところでタイムリミットに。

小用を足したくなってビルに入ってフランク三浦の陳列の横を通って階段で2階、3階へと上がって探すも場所が見つかりません。店員に声をかけると、客に貸すトイレはないとのつれない返事が。そこでコンビニならと2軒まわっても同様の始末。都会の現実に直面しました(大げさ

 

難波駅前方面に戻って、なんばグランド花月前で土産の人形焼カステラを仕入れ、法善寺でお不動さんに水をかけた後道頓堀へ。

本当に大きなタコぶつが入っているたこ焼きを【大たこ】で買って太左衛門橋で開いて頂きました。

たこ焼きを頬張りながらパチリ 大阪・道頓堀と言えば……
ボードウォークを戎橋方向へ歩き、写真撮影をしたあと恐る恐る橋の上に上がってみると聞こえてくるのは中国語がほとんど。

賑やかで人工的な色彩の鮮やかな街は、これで雨が降っていれば映画ブレードランナー第1作冒頭のシーンを思わせるもの。猥雑で生命力にあふれたアジアンな光景、飾らない大阪の魅力。

夕食は友人おススメの【ゆかり千日前店】というお好み焼屋で生ビールとつまみで乾杯したあと焼きたてを美味しく頂きました。

千日前の【ゆかり】で反省会をw

難波へ戻り、高島屋の地下でお土産を買い足したあと地下鉄に、友人は阪神なんば線にとお別れ。


カテゴリー: Misc | コメントする

大阪で一日を

先日急ぎ足の小旅行をしてきました。前夜フェリーで地元を出発して早朝大阪南港に上陸、夜には同港から帰途につくという両夜行のハードなプランです。行先は万博記念公園で、この春復元・公開された太陽の塔内部の見学ツアーに参加するのが主目的です。

 

ニュートラムや地下鉄を乗り継いで行った千里中央駅から乗り換えの大阪モノレールは、前週あった大阪北部地震のため当日26日も間引き運転中。朝の通勤時間帯にもかかわらず10~20分おきの運行で混雑していました。また、万博記念公園中央口が閉鎖中だったため見学ツアーの集合場所が公園東口駅に変更されてモノレールを乗り換える必要があり、以前できて直ぐの頃訪問したことがある国立民族学博物館も依然閉館中などまだまだ地震の影響が残っていました。

メインは太陽の塔 高さ70mだとか

幸い公園に入って最初に訪れた EXPO’70 パビリオン(元の鉄鋼館)は当日朝に再開していて無事入館できました。

万博も太陽の塔も記憶しているのはR55世代かと思います。Kuniは大阪万博に家族で行ったのですが、英国館以外はどの国のパビリオンに入ったのか覚えていません。何しろ48年も前のことなので(滝汗

混雑しているところを避けて数か所入ったかと。夏休みで日差しが厳しかった印象は残っているのですが……。

EXPO’70 パビリオンの館内では大阪万博の際の展示物やコンパニオンの制服、メインホールのライティングなどで当時の雰囲気を味わうことができます。当日は太陽の塔再生の特別展 リバース (巻き戻しではなく再度命を吹き込むの意)も観覧でき、主催者や設計プロデュースにあたった岡本太郎の思いの一端に触れることができました。

大屋根と太陽の塔の再現ミニチュア  子供たちも触って音を出せたという「楽器彫刻」

 

1ヶ所目で腹いっぱいの気分を覚えながら、続いて壮大な太陽の塔へ移動して行きます。今回は残念ながら裏側からのアプローチ。帰りも同じ経路だったので正面から真近に見上げる機会はありませんでした。

塔の中は撮影禁止。構造の維持と安全のため1グループ16人づつに分かれて下から上へ順に見学して廻ります。待つことしばし、やつと番が来ました。

吹き抜けの地階部分に入って見上げると様々な生き物と命の樹が多彩な表現・創作で迫ってきました。145段の階段と踊り場を移動しながら、説明員の話に耳を傾けます。

太陽の塔はその地階・イベント会場から大屋根に架けられた通路、エレベーター構造物として計画された物だったそうですが、一人のアーティストの頭脳回路から生み出されたイメージによって壮大な表現物、遺産に昇華していました。年月を経て崩れ落ちていたその内部を復元してもう一度見せてくれた関係者の熱意と努力には頭が下がります。

左右に付いた斜め上へ昇ってゆく腕(=大屋根へのアクセスルートだったという)の付根、全体の半分の高さまで上がって行程が終わりました。

満足感を覚えつつ、もう一度公園東口駅に戻ってモノレールで1駅のホテル阪急エキスポパークへ。ランチバイキングをいただいて解散したのは予定から1時間遅れた14時過ぎでした。

その2へ続く。


カテゴリー: Misc, メディアレビュー | コメントする

悪あがき

先日気分転換に愛媛県立美術館に行ってきました。熊谷守一の【没後40年展〜生きるよろこび】を鑑賞しに。2フロアにわたってその生涯を網羅する作品に接することができて良かったです。

今回も軽く……。

 

前回ふれた真空管バッファー・アンプ代わりの MUSE 6N11 が発振する件で、なおも「原因はもしかして真空管のせいかも?」ということで良さげな物を探していて昨日これを見つけました。

CDと真空管

ナショナル製の未開封真空管 12AT7 という互換のに交換して同じく手に入れたCDを再生して試聴中です。今のところ問題ありません。

 

この前ある小型アンプを見つけて持って帰ってしまいました。BOSEの 1706II という古い機種で、随分以前パワーアンプの 1705 の方を見かけて興味があったものの手に取ることはなかったことを思い出して。1706II の方はボリュームと入出力も付いています。

こたつ台で使っているミニ真空管アンプとスピーカーの出音が「低音は望むべくもない」状態なのをアンプを交換すれば改善できるのではと思ったのと、ジャンク品(電源コードが切ってある)で格安だったもので思わず。

電源コードをつぎ足して再生してみると、小音量時にブーンとノイズが乗ります。一度はコードの仕上が良くなかったのかと絶縁対策を試みるも変化なし。

ネットを参照してトランスに起因するうなりかと思い、先ほどアンプのカバーを外してトランスの4方のネジと本体間にブチルゴムを挟んで留めてみたのですが症状に変化は見られず(聞けず)。3台の小型スピーカーの内一番サウンド的に合っていた樽型スピーカーに採用することにしました。

この組み合わせだと見た目からは想像できないw低音まで出るもので。小ボリューム時や曲間にはノイズが乗るものの。

結局このペアに

 


カテゴリー: アンプ, オーディオ | コメントする

もう梅雨入り

ジメジメした時期が来て、先日は “Rain ~ sharing the season” (リンク先で色々視聴できます)というコンピレーションアルバムを聴いて過ごしてました。

仕事の疲れが溜ってグダグダな日々が続いているこの頃。軽く近況を……。

 

真空管バッファー・アンプ代わりに再利用してみた MUSE 6N11 を当初CDプレーヤーとパッシブプリアンプの間にセットして音の変化を確認していたのですが、アナログ風なサウンドが聴けて良い感じがしたので接続を変更してみました。

パッシブプリとパワーアンプの間に繋いですべての再生音でその効果を試してみようと思ったのです。

始めはイイ感じで鳴っていたのですが、休みの日に丸1日点けて、翌日もと電源を入れてみたら何だか雑音が混じるのです。

その発振音が聞こえるのは電源のせいか、構造的な問題なのか不明ながら何か起こってからでは遅いので速攻システムから外しました;;;

 

この時期になっても室内にはこたつ台が出したままで、先日まではテレビ画面を表示するモニターの側にはデジタルアンプとかを配置して音出ししていました。そのサウンドが眠たい感じだったので機材を交換してみました。

アンプはミニ真空管アンプにして、スピーカーはパナソニックのミニコンポ用の箱に手持ちのウーファーとツイーターを嵌めた物に交換。さすがに低音は望むべくもないものの、高域まで伸びた好みの音が聴けてます。

あと、メインのスピーカーのセッティングも弄って。

メーカー不詳のクッションを手前に挟んで持ち上げて耳の位置に合わせてと妙なことをしています。

妙なセッティングを  で、前から見ると

今回はここまで。

 


カテゴリー: オーディオ | コメントする

花の季節に

5月1日に間に合わなかったうちのバラを愛でる前に、先日昨年も撮影した相原バラ園に寄ってきました。

大輪の薔薇 ミニバラ

この薔薇(左)など手指をひろげたよりも大きいくらい。それに比べてこの2,3日やっと咲き始めたうちのバラ(右)はせいぜい親指と人差し指でできる輪っかに入るくらいのサイズ。でもカワイイものです。

近所の太陽市(おひさまいち)は買い物客でごった返しているのに、バラ園の訪問者は数えるほど。こんなにきれいな花でいっぱいなのに……。という訳で今年も撮影をしてきました。

 


カテゴリー: Misc | コメントする

思わず脱線

恒例の5月1日のメイフラワー。昨日撮影したのですが、例年カワイく花をつけるミニバラの開花が今年は遅れてまだ蕾の状態なもので、また咲いてから画像をアップすることにします。

オーディオ関連では2月に仮YA邸で聴かせてもらった真空管バッファー・アンプ代わりに手持ちの(うちではブースターアンプと呼んでいる) MUSE 6N11 を再利用してみました。

以前はこんな風に使用w

その効果は、低域の量感が増し、高域側には暖かな艶感が加わる感じ(あくまで当社比)。しかしよく聴いてみると繊細な表現力が不足しているような。ということで真空管を交換(いわゆる球転がし)してみたくなっています。ネット界隈ではNEC製が良いとか、はたまたRCA製がとか話を聞くので迷い中です。

 

Katyan邸でのオフ会もそろそろ締めにかかろうかという頃、またまたKuniの迷言砲が繰り出されてしまい、事態はあらぬ方向へ……。

「近年のPOPSってビートを繰り返す単調な楽曲ばかり。メロディーラインの綺麗な曲が無くなってしまってる感じ。ビートルズやバート・バカラックの時代に作曲し尽してしまったのかなあ」などと。近年ので続けて聴いているのはジャック・ジョンソンとコリーヌ・ベイリー・レイのアコースティックなアルバムくらいという。

するとhogeさんがそんなものばかりではないとYouTubeで曲を視聴させてくれました。

hogeさんによると、「今風のメロディーがキャッチ―で繰り返し」のナンバーだそうです。

すると、同席のミーさんから、それでもこんなのは今聴けないと選曲が。

こういう美しい曲が流行していた時代があったんだなあとその世代の3人で引き続きホイットニー・ヒューストンを集中的に再生して盛り上がりました。Katyanさんを置きざりにして……(滝汗)


カテゴリー: オフ会, メディアレビュー | 2件のコメント

CDケースのお仲間を訪問

GWの連休初日、まだ4月中ながら先日コメントをいただいたCDのソフトケース化のお仲間Katyanさんのオーディオルームを訪問してきました。「引き出しCDケース収納棚の作成」が完了したとの報告を受けて視察と取材、視聴も兼ねて。こちらも久しぶりに訪問するというhogeさんもお誘いして。

挨拶もそこそこに最新オーディオシステムの試聴から。Dayton Audio Air Motion Transformer Tweeter AMTPRO-4 を最高の条件で使用した高域再生を初めて聴かせていただきます。

このCDから再生し始めて

まずは昨年の7月に八幡浜市の「ゆめみかん」で藤井郷子のソロライブが収録(その後有志の手でCD化)された際に知ったという上掲のCDを再生。ベースの音が前に出て迫力があり、ピアノは奥行き感を持って鳴る良い音で最初から圧倒されます。

その他、猪俣猛の Dialogue、Pink Floydの Dark Side of The Moon をDSFファイル化したもの、Audio Phile III のアルバムなどを再生しているところへ偶然ミーさんが合流。今回の断捨離で不要になった前のCD収納BOXを引き取りに来られた由で、一緒にジョージ・ベンソン/ Winelight のDVD Audio版、松田聖子/ SQUALL, UTOPIA のSACD版などを聴いたあと、プレーヤーP3にShure V-15 Type V のカートリッジでアナログ盤 MARI NAKAMOTO III も再生して皆で楽しみました。訪問した3人とも低域から高域までバランスの取れた再生音が聴けて満足して……。

 

ここでKuniは席を立って今回の主目的の取材を開始。写真の撮影とKatyanさんのコメントを聞き取ります。

これだけの作業を一気にとは!

自作で「上に載ってもびくともしないしっかりした棚」を作成できる技量はKuniには真似できません(滝汗;;

引き出しの中はと見ると  タワレコのソフトケースを使用
何しろディスクの枚数が枚数ですし、そのケース入れ替えと専用棚の作成までされる活力には脱帽です。ただ、まだプラケースが山積み状態なのと、引き出しの中の分類・整理が手つかずのままというのが大変そうです。誰か協力ボランティア隊に一緒に参加しませんか!?

 

もう1つ取材項目があって、というのは以前こちらを訪問した際に撮影した動画をYouTubeに上げていた分の関連です。うちとしては大人気で2000回近くの再生を記録しています。そこに英語でコメントと質問を複数もらっており、その回答を本人から直接聞きたいという訳で。コメントを訳すと、

1.なんて良い音だ!このスピーカーが出て35年ハイファイ・オーディオはちっとも進歩してないじゃん。
2.超リアルなサウンドですね。この機種の出物をマジで探してます。
3.(もしかして)椅子が歌ってるの?オジサンたち話しを止めてほしいんだけど
4.アンプは何を使ってますか?

回答は、

Re:1.これはその通りかも。
Re:2.その気持ち、よ~く分かります。
Re:3.タイトル通り「アクースタット モデル3の澄んだ音を聴きながらオーディオ漫談」というのが録画目的でして;;ゞゞ
Re:4.SONYのプリメインアンプで TA-FA1200ESです。

アンプの品番をチェック

って、Kuniが答えてしまってますが。次回に続く

 


カテゴリー: オフ会, オーディオ | コメントする

オーディオ閑話休題

このところの断捨離も一休みとのんびりしていたら、うちのブログ記事の影響でCD収納棚製作に取りかかられた方が出現して吃驚しているKuniです。うちに比べると数倍ディスクをお持ちの一流のオーディオファイルなので大変そうですができ上がりを楽しみにしています。

この前はSACDを聴こうと思い、その前に5.1チャンネルからセンタースピーカーを外して以来AVアンプの音場補正をしていなかったのを思い出してオートMCACCを掛けたのですが、結果何だか違和感が……。サブウーファーの電源を入れていなかったのでもう1回実施しました。聴感上まだ微調整が必要な感じです。

 

昨年後半にBDプレーヤーを導入してSACDをDSD再生出来るようになったほか、アンプもやり変え、またスピーカーではROKSAN HOTCAKES改をリビングのモニター用に出すなどした結果、多少機材を整理できた現状です。

去年の夏以来の公開です

こうして見ると断捨離(?)と言ってもまだまだですね(^^;)


カテゴリー: オーディオ | 4件のコメント

ひとまず終わった……

CD棚を自作して収納してみたら、6段と半分、それにスニーカーの箱に入れていた洋楽ポップスを含めると約7段分634枚で収まりきらないことが判明して始まったもろもろの断捨離も、CDケースの交換を空き時間と休みに集中して作業した結果2日前にひとまず終了しました。

途中気分転換に花見に外出するなどしつつ。暖かい春うららそのものの午後でした。

お堀端で花見

 

前回プラケースを止めて「当社比-62%の省スペース化が図れそうです」と書いた後、重量的にはどの位断捨離効果があったのか気になって作業の途中でプラケース入りCD20枚の重さを測ってみたところ1580gありました。その分を作業した後測ってみると。

重量をチェック

650gちょうど。当社比-59%の減量を達成できていました。SNSに「ということは、634枚で総重量50kgあったプラケース入CDが、不織布化したことで20kgほどになった計算。ディスクはそのままで断捨離効果あり!」と書きこみました。断捨離の効果を目に見える形だけでなく重量的にも実感できて。

 

最初棚にCDがいっぱいになった光景は恥ずかしいこともあり写真に撮るのを忘れていたのですが、作業後はほぼ「ラック7段分近いCDが2段半と少しで収納できる」という予定通りになりました。一部SACDだけは判別しやすいようにプラケース入りのままにしてあります。

断捨離効果あり!

CD以外にも何年も収納したままになっている書類、ケーブル類、部品等まだまだ断捨離できるものが多数ありそうです。


カテゴリー: Misc | コメントする