外付ドライブの追加

先日市内のH.O.でロジテックの LDR-N106FU2 という数年前の外付DVD-RAM/Rを見つけました。殻付のDVD-RAMが使える機種でしたが、Kuni的にはFireWire:IEEE1394とUSB2.0両接続に対応している点に注目しました。

Lacie製外付DVD-Rドライブ改アイ・オー・データ製GIGAMOドライブに続くIEEE1394接続機器として使えるのではないかと思ったのです。

中のDVD-RAM/Rをハードディスクに装換すればIEEE1394接続の外付ハードディスクになるのではと。実現すればオールIEEE1394接続環境にできます。

さっそく改造


正面にベージュのパネルも付けて綺麗に仕上がりました。

IEEE1394接続でパソコンに繋いでみると、ダメです。CD-ROMの×つきで表示されて使えません。USB2.0接続だと問題なく認識するのですが。IEEE1394接続機器の仕様でしょうか?ファームウェアを弄らないといけないのか。無理っぽいです。

残念。まあ、USB2.0接続の外付ハードディスクドライブが1台増やせたと考えることにします。本来のIEEE1394接続DVD-R等の側としても使えるし。
PCオーディオ | comments (2) | trackbacks (0)

コメント

私のブログにご訪問していただいてありがとうございます。
こちらでリンクまでしていただいて、誠に低頭感謝の一語でございます。

いきなりでよくわかりませんが、音楽再生用の外付けドライブでしょうか。
外付けのDVD-Rでアップサンプリングした音楽ファイルを焼付け、再生されてるのでしょうか。
普通のCDと比べて音質はいかがなんでしょう。

やはり、USBよりファイヤーワイヤー(IEEE1394)の方が、音質的に優位なんでしょうか。
ベストン | 2009/10/16 02:59 PM
ベストンさん、いつの間にか相互リンクにしていただいてありがとうございます。
また、失礼な一言を書いてしまって。決して『おんぼろぐ』まどとは……考えたことも無かったです。逆にウケました。

音楽再生にこだわるのは単に聴くのが好きで楽しいからです。できたら良い音でと。最近は曲を聞いていたらその頃のことを思い出せるのも楽しみのひとつになってきました。

残念ながら楽器は弾けません。小学低学年の頃オルガンをやっていて続いてピアノを習いに行くことになったのですが、本人はまだ遊びの延長程度の気分だったのに本格的な先生からスパルタ的なレッスンを受けて嫌になって止めてしまいました。トラウマになったのか音楽の授業も嫌いになって楽譜も読めなくなりました。

>ファイヤーワイヤー(IEEE1394)の方が、音質的に優位なんでしょうか。
この件はただ今確認の最中といったところです。知人は違うと言ってますがKuniは駄耳なので。
Kuni | 2009/10/18 12:57 PM

コメントを投稿

トラックバックURL

http://tnx.pecori.jp/sb.cgi/239

トラックバック

カレンダー
ツイッター
ダイエットクラブ
プロフィール
カウンター
  • Counter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
その他
Google

web検索 blog内検索