SD-CX10のアンプ

前に、「デジタルアンプと自作塩ビ管スピーカーをつなげたらどんな音が出るのだろう」と想ったと書いたのですが、その後もこだわっていてこんなアンプに興味を持ったりしてました。

パナソニックのSU-D5は残念ながら使い物になりませんでした。

で、昨日あるミニコンポを見かけてしまいました。

シャープの1bitシステム(CD、MD、チューナー一体型コンポ)でSD-CX10というものです。

以前吉田苑のサイトのお奨め商品で取り上げられていたアンプのイメージがあってシャープの1bitデジタルアンプに興味があったので試しに使ってみました。

内蔵のCD、MDを使う気はさらさら無く、AUX入力からのアンプ機能を使います。

まず、付属のスピーカーとケーブルの音を聴いてみます。クチコミ通り音に華が無いかなと……。

次に自作塩ビ管スピーカーに繋いでピアノトリオを聴くと中高音がまったく違ってクリアーに再現されました。やっぱりスピーカー交換必須か。

次に電源ケーブルを付属の物から手持ちのに換えて付属のスピーカーとケーブルの音を聴いて試しました。ふむふむ、さて塩ビ管スピーカーではと、??

自作塩ビ管スピーカーって低音が出てないっ。

自分の好みの音、つまりピアノやドラムの音の再現はグッドなのですが、自作タイムドメイン風の弱みというかベースの音が十分に再現されてないのに気付かされたのです。

付属のスピーカーの方は低音バリバリです。個人的に趣味じゃない大音量で街中を走行している車から漏れ聞こえる低音系の。その代わり肝心のピアノなどの音が聴き辛いです。

自作の方は反対に低音が希薄な感じです。

うーむ、一長一短かも。個人的には自作塩ビ管スピーカーの方の音が快いのですけど。

普段は低音を響かせたくないという家庭の事情もあって小音量のニアフィールド再生がほとんどなので。
アンプ | comments (4) | trackbacks (0)

コメント

Auviですか。低価格なラジカセ系ミニコンポとしては良くできていたと思います。ただまぁプラスチッキーな音質でもあってその辺は価格なりだったかなぁとも。吉田苑の試聴会で昔上位モデルの聴いたことがあったり。単品アンプは良かったです。一体型のもSD-NX10(及びその後継機種)はまあまあでした。私、さっきでくのさんの紹介してくれた中国製のデジタルアンプをヤフオクで落札したのですが、これ私が試してみて良かったら如何でしょうか?値段めちゃ安ですので。
pastel_piano | 2009/04/07 12:07 AM
中国製のデジタルアンプと言えば、pastel_pianoさんも以前紹介されていたAURUMのDUSSUN T2を思い浮かべるのですが、プラスチッキーなデザインが?でした。
上海狂人日記 在 捷克というところで目にしてました。
http://shangkato.exblog.jp/
落札されたのはどんな機種かな。
Kuni | 2009/04/07 03:53 PM
上のプラスチッキーはあくまでミニコンポ一体型としての印象ですので、アンプ部分を単体で取り出したときの音質については良く知りません。書き方が乱暴ですみませんですm(__)m シャープのデジタルアンプは素性は良かったんですが不況もあって尻窄みになってしまいました。今は当時デジタルアンプを作られていた技術者の方が独立してN-MODEというオーディオメーカーを立ち上げてます。

http://www.nmode.jp/

DUSSUN T2は香港で買うと確か300米ドルくらいです(爆)中国で元直接で買うと2万円程度とかそんな話でした。そう考えるとあの外観もありかな?みたいな。ただ、上海狂人日記さんで書かれているとおり、Red Rose Musicのあのシステムの凄さはスピーカーのポテンシャルです。
pastel_piano | 2009/04/07 11:21 PM
自作塩ビ管スピーカーの低音不足を実感してから、手元にある他のにSD-CX10のアンプを繋いでみました。
DS-500も現状のアンプより音域は上下が広がるようです。
ついでに5.1chリア用のダイポール式 Panasonic SB-S500 ――出力音圧79dB でセンターに使っている D-20 90dBと全く合わなかった――にしてみたところ低音もそこそこ再生されてBGM用にはいいかなと。
Kuni | 2009/04/08 12:12 PM

コメントを投稿

トラックバックURL

http://tnx.pecori.jp/sb.cgi/219

トラックバック

カレンダー
ツイッター
ダイエットクラブ
プロフィール
カウンター
  • Counter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
その他
Google

web検索 blog内検索