伊丹十三記念館を訪ねて



伊丹十三記念館入口


今日は仕事が休みだったので、市内に5月15日に開館したばかりの「伊丹十三記念館」を訪ねてきました。

この記念館は、俳優、エッセイスト、後年は映画監督等として活躍した伊丹十三の足跡をたどるスペースとして、その父映画監督の伊丹万作の出身地であり、本人も高校時代を過ごした――観光資源のあまり無い――松山市に建設されたものです。

実は先週 My Favorite Links にある Katyan4 さんのブログで紹介されていた「坂の上の雲ミュージアム」にも行ってきたのです。今回はその訪問記の真似をしてみました。文章も一部類似しているかも……。

「ミュージアム」の方は作家司馬遼太郎の書いた小説が元なので読む要素が「記念館」の3倍位あったかと。ビジュアル的要素は「記念館」の方が3倍増しっていう感じなのである(伊丹風)。

建物は「ミュージアム」の三角形 △ に対して「記念館」は四角形 □ なのは建築家が意識していたのかな?館内での撮影は一箇所(秘密)を除いて禁止なので外観をアップしておきます。

伊丹十三記念館正面より

Misc. | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿

トラックバックURL

http://tnx.pecori.jp/sb.cgi/115

トラックバック

カレンダー
ツイッター
ダイエットクラブ
プロフィール
カウンター
  • Counter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
その他
Google

web検索 blog内検索