思わぬ事態に

前回の記事をアップした翌日、体調が急変しました。

豪雨による河川の氾濫で4m以上も浸水してしまった親戚のところへ僅かでも物資を届けようと夜勤明けのまま寝ないで現地入りし、顔を見て元気かどうか確認してそれを渡したら帰ってくるだけのつもりでマスクの用意もなしに砂埃・粉塵の舞う中ついでにとお手伝いもしてしまった訳です。その疲れもあって風邪を引いたと思って市販薬を飲みながら仕事に出ていました。

その週末は連休で仕事場は書き入れ時。風邪くらいで休めないと気を張って2,3日過ごしていたのですが熱と節々の痛みに加えて頭痛がしてきました。

週明けには熱も38℃を超えたので救急病院に行き頓服と風邪薬を処方してもらい、忙しさも峠を越えたので2日ほど休みをもらうことにしました。

しかし翌日も熱が上がって39℃近くなったので、近所のかかりつけ医院で血液検査、レントゲンなどを受けたところ、C反応性タンパク値が平常時より2桁多い値で灰に影が見られるので肺炎との診断が出ました。

入院も勧められたのを、何とか薬をもらって自宅で5日間安静に過ごすようにとしてもらいました。仕事場にその旨連絡を入れて急遽前後を入れて1週間休みをもらって。会社人間なもので休まずに仕事をしようと頑張りすぎてかえって皆に迷惑を掛ける結果になってしまい、2月のインフルエンザに続いて今年2回目の Disabled List (故障者リスト)入りの事態に。もらった薬も吸引がなかった以外は2月の物とほとんど同じでした。

なお2日ほど寒気と熱、頭痛が続きましたがその後は順調に回復して行き、ベッドでスマホを弄り動画を見たりできるように。ベッドサイドにこんなものを置いてスマホの音声をBluetoothで送って寝ながら聴いたりして過ごしました。

絶対安静中はベッドサイドにこれを

4,5日経った頃には頭痛もおさまり、体も動かせるようになってテレビが見たくなって持ち運べてフルセグの地デジも映る HW202 のことを思い出してセットしたり、またぞろブルートゥーススピーカーの音質に不満が出てきて最近手に入れたダイヤトーンの10cmフルレンジユニットに装換した小スピーカーを部屋に運んでデジタルアンプと繋いでみたりし始めて。

ちょっと元気になると音質が気になりだして……

オーディオ弄り病の方は治癒する見込みがないようです(滝汗


Kuni について

ガジェットとオーディオ弄りが好きな音楽愛好家です。2015年1月17日ブログ第2章を始めました。
カテゴリー: ガジェット色々, スピーカー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA