2016最終版

この前Sさん邸でカルチャーショック(レベルが違い過ぎて;;)を受けた後、エクスクルーシヴさんにその時聴いた1枚をもう1度きいてみたいとわがままを言ってCDを持って来てもらいました。

ついでにお耳汚しにうちのスピーカーたちも聴いてもらって。セカンドシステムのAV系も鳴らしてみたら「声が違う」と指摘が。でさっそく某所で先月取り上げられていた釈迦釈迦の対策をしてみました。どうなんでしょうw

ちょこっと細工して

 

低音とかオーディオ的に面白いとのことでリッピングさせていただいたのですが、そのポルトガル語のボサノヴァの曲を聴くうち内容が気になって仕方なくなってしまいました。

ポルトガル語なので歌詞はまったく判りません。軽く調べると虐殺された少数民族の哀しい歌らしいことはなんとなく……。

で、上の動画表示の意味を調べてみると。

(English version)
“This is a real story.

The Tragical History of the Tribe Kanoe

The tribe had then with approximately 50 people, mostly women and children.

One day, the men got together and decided to leave in expedition. Would seek other peoples with whom they could negociate some marriages.

The composition were all men Kanoe, the elderly for boys older toddlers.

The days passed and they did not come back. The aflican between indios grew daily.
Two of the tribe decided to go looking for men. Three or four days later, they returned with the tragical news: their husbands and sons had been killed!

Women, to learn what happened in despair and without prospects, decided the collective suicide of the tribe.

Prepared a poison, gave the drink to their children and poisoned.

Tutua, but little has ingested the drug and found forces to fight for life.

Managed to also make their children Pure (Boy) and Txinamanty (girl) to survive.

Today, the hopes of saving from extinct the indians Kanoes of river Omere rests with two brothers.

Impossible Task!” -機械翻訳に少し手を加えてあります-

(日本語抄訳版)
「インディオのカノエ族はほとんど女子供ばかりの50人で、ある日男たちが結婚相手を探す旅に出た。しかし帰って来なかった。
行方を捜しに2人の女が追うと、老いた夫や息子たちは殺されたと知る。

絶望と不安に苛まれて毒で集団自殺を図った女たち。子供にも服毒させて。
奇跡的にPuraとTxinamantyだけ生き残った。
今日絶滅寸前のカノエ族は2人の兄弟だけになっている」

という哀しい背景があったのです。
歌詞の英語訳です。

Kanoe

Sarare, manoki Cinnamon java
Enawene nawe Yawanawa,
Macaw Galibi, Surui Juma,
Yudja Cambe, poyanawa

Pura kanoe, Last to stay
In the Omere river, No one to marry
Pura kanoe, Only your sister
So much to say, No one to tell

Kanoe have to hide, To survive
Need to accept, Live like this
And see, get closer, To the end point
Unable to fight, Against silence


Kuni について

ガジェットとオーディオ弄りが好きな音楽愛好家です。2015年1月17日ブログ第2章を始めました。
カテゴリー: スピーカー, メディアレビュー パーマリンク

2016最終版 への3件のフィードバック

  1. エクスクルーシヴ のコメント:

    そんな哀しい内容の歌だったかのえ~

    知ってしまったら、聴くのが重くなったかもね。

  2. エクスクルーシヴ のコメント:

    オリジナルはお経を聴いているようじゃ。(-_-;)

    しかし、よう調べるなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA